PILENTUM TELEVISION 日本

鉄道模型に関する鉄道動画。

2月 7, 2019

ドイツ鉄道模型館 ・世界最大のミニチュアワンダーランド・鉄道模型 ・ドキュメンタリー

ミニチュア・ワンダーランドは年間100万人以上もの人が訪れるという人気施設。 ミニチュア・ワンダーランド 「Miniatur Wunderland」 はドイツ北部のハンブルクにあるHOスケール鉄道模型のテーマパークである。 世界の鉄道に風景や建物、そこに暮らす人々をも再現した壮大でユーモアたっぷりな世界観が世界中のゲストを魅了し続けています。 床面積は6400 m²、ジオラマの広さは1300m²で、線路の延長は16キロメートルである。 鉄道模型のジオラマは、元来は鉄道の風景・情景を再現する物ではあるが、ミニチュアワンダーランドではそれに付随する街並みのジオラマも主な展示物となっている。鉄道のみならず、船や自動車なども動作する。 これまでのレイアウトで使われた列車や車は約2千台、建物は4000以上、樹木は約13万本、人形は26万個。 列車の運行は、リアルな世界と同じようにすべてコンピューターで制御されています。車、船、潮の干潮、音響、20分毎に昼夜を繰り返す照明などもすべてコンピューターで管理。

ドイツ鉄道模型館 ・世界最大のミニチュアワンダーランド・鉄道模型 ・ドキュメンタリー
2月 7, 2019

鉄道模型 レールバス と レールカー ドイツから

鉄道模型 レールバス と レールカー ドイツから

レールバスとは、バスなどの自動車の装備を流用した、もしくはそれをベースに造られた小型の気動車である。軽量で製造・運用コストが低いことから、乗客の少ない閑散路線への投入が古くから行なわれている。 気動車(きどうしゃ)とはエンジンを搭載した列車の車両のことで、人員・荷物もしくは貨物を積載する空間を有し、運 転に必要な動力源として内燃機関や蒸気機関などの熱機関を搭載して自走する鉄道車両である。 現在の気動車は、動力として一般に内燃機関の中でも熱効率と安全性に優れるディーゼルエンジンが用いられている。そのため、日本では「ディーゼル動車」または「ディーゼルカー」、「汽車」 などとも呼ばれる。対して、欧州で は動力分散方式の車両を「マルチプル ユニット」と呼ぶことから。 また「レールカー」 とも呼ばれる。

2月 7, 2019

鉄道模型 ・1番ゲージ ・ジオラマ ・「原鉄道模型博物館」

鉄道模型 ・1番ゲージ ・ジオラマ ・「原鉄道模型博物館」

当博物館は、原信太郎が製作・所蔵した世界一ともいわれる膨大な鉄道模型と、鉄道関係コレクションを、一般に公開するものです。信太郎の鉄道模型の特長の一つ目は、蒸気機関車から電気機関車へと鉄道が著しい発展を遂げた時代の日本・ヨーロッパ・アメリカを中心とした世界中の鉄道車両を再現したコレクションであることです。信太郎の鉄道模型の特長の二つ目は、本物の鉄道車両を忠実に再現していることです。1番ゲージジオラマ面積 : 約 310m²。模型は架線から電気をとり、鉄のレールを鉄の車輪で走行します。

2月 7, 2019

空港 ・ ジオラマ ・ 縮尺1/87

空港 ・ ジオラマ ・ 縮尺1/87

空港内の格納庫、オフィス棟、管制塔などを見回り、離陸の様子を間近で見ることができます。 空港内の航空機の動きは、頭上に設置された赤外線システムによって精密に制御されています。 飛行機の離着陸からチェックイン カウンターの長い列まで、忙しい空港の営みがミニチュア スケールで忠実に再現されています。 背景では、まもなく離陸するアントノフ航空機が滑走路への自走を始めています。

2月 7, 2019

Oゲージのジオラマ ・ 鉄道模型 ・ 鉄道博物館 ・ ドレスデン ・ ドイツ

Oゲージのジオラマ  ・ 鉄道模型  ・  鉄道博物館 ・ ドレスデン  ・ ドイツ

鉄道模型 ・ Oゲージのジオラマ ・ ドキュメンタリー ・ 鉄道博物館 ・ ドレスデン ・ ドイツ。 ジオラマの広さは325 m²で。 鉄道模型においてOスケールと呼ばれる縮尺は1/43.5 ・1/45・1/48の三種類ある。 ドイツなどヨーロッパ諸国では一般的に採用している縮尺は1/45である。 日本では日本型車輛については縮尺1/45を基本縮尺としている。